tour-de-chiba2019

≡

ツール・ド・ちば2019 内房開催特別企画

ツール・ド・ちば2019年大会は内房エリアでの開催となりました。
コースの下見にくる方も少なくないかなということで、サイクリストには欠かせない「補給」をテーマに地元有名店をご紹介していく企画を急遽スタートしました。
地元サイクリスト情報を頼りに、せっかく内房にきたのに素通りするのはもったいないという美味しい食べ物だけをセレクトしています。
実際に訪問して食べたお店だけを掲載。美味しい補給ポイントは取材順に徐々に増えていきますのでお楽しみに!
上のCyclist Friendly Shop(サイクリストにやさしいお店)ステッカーが目印です。

きみつきらめき親子丼

君津亀山地区 亀山温泉ホテル

君津市は県内有数の養鶏が盛んなエリア。道の駅には十数種類の卵が並ぶ知る人ぞ知るたまごの街。
産み立て新鮮、とろ~り美味しい濃厚たまごは君津の特産品に名を連ねます。
亀山温泉ホテルでは、このたまごを使った親子丼をランチタイムに提供。
その名は「きみつときめき親子丼」。
この親子丼、農林水産大臣賞を受賞している光永ファームの良質たまご「永光卵」を直接仕入れ、贅沢にも2個も使用。
親子の「親」となる鶏肉は、「子」の永光卵の濃厚さに負けない県内産の肉質柔らか「きらめき鶏もも肉」を使用。トッピングに木更津の刻みのり、かずさ愛彩畑の三つ葉、ごはんは亀山の水で炊いた亀山産のコシヒカリと、こだわりにこだわり抜いたオール千葉丼です。
中央の永光卵黄味を崩して三つ葉ときざみ海苔と一緒にときめき鶏もも肉を頬張ると、深みある少し濃いかえしの味がじゅわっと口に広がります。まさに舌と心がときめく旨さ。

亀山温泉ホテルは、今大会初日午後のエイドでもある亀山ダム沿いに建ち、ホテル前の道路もコースになっています。
コースの試走、亀山・三石山あたりでトレーニングしている方には、ぜひともタンパク質たっぷりの親子丼で補給してください。

きみつときめき親子丼(サラダ・みそ汁付き)980円
きみつときめき親子丼PV
亀山温泉ホテル
http://www.kameyamaonsen.jp/
千葉県君津市豊田65 TEL:0439-39-2121

プチバウムケーキ

君津市南子安地区 せんねんの木 君津店

「マツコの知らない世界」でも紹介されたバウムクーヘン専門店のせんねんの木。
一般的なバウムクーヘンの概念を覆す、バウムクーヘンというよりケーキ風のテイストです。
その種類はさまざま。季節ものから定番ものまで色とりどりにショーケース並び、ショーケースで好みのものを選んで店内席やテラス席で食べられます。

写真手前は「モンブラン輪うむ」。生地土台がバウムクーヘンになっていて、その上にイタリア産の栗を使用した濃厚クリームとマロンレアチーズムースの二層が重なるモンブラン風の仕上げになっています。
秋になると栗系のプチバウムケーキが増えるそうです。

写真左上は、君津店限定の「ピーナッツキャラメル輪うむ」。こちらはピーナッツムースの濃厚キャラメルソースがかかっている香ばしい一品。

写真右上はスタッフおすすめの「バウムシュー」。シューの間に挟んだバウムクーヘンの上に生クリームがたっぷり。

せんねんの木君津店は国道127号線そばの君津市街にあります。
国道127号沿いのジョイフル本田近く。輪行で君津駅を下車する場合、鹿野山・鴨川方面に向かう途中です。帰りにでもぜひお立ち寄りください。

プチバウムケーキ 270~475円
せんねんの木 君津店
https://www.sennennoki.com/
千葉県君津市南子安5-28-5 TEL:0439-29-7800

フレンチバウム

木更津祇園駅前 せんねんの木 祇園店

新鮮たまごとミルクで作った特製シロップに付け込んだ直径12㎝のバウムクーヘンを国産濃厚バターでこんがりと焼き上げた、せんねんの木オリジナルのフレンチバウム。
エネルギー補給にはもうこれ以上ない一品。涼しい店内席で食べられます。

4種のトッピングがチョイスできます。

『フレンチバウム チョコバナナ』(写真)
温かいバウムクーヘンの真ん中に冷たいバニラアイス、これでもかというほどの山盛りにした口どけ軽い生クリームにチョコレートソースがたっぷりかけられ、完熟濃厚バナナが添えられています。
『フレンチバウム ティラミス』
コーヒーアイスと国産マスカルポーネクリームの組み合わせ。お好みでエスプレッソソースをかける大人な味わいが楽しめます。
『フレンチバウム 黒蜜きなこわらび餅』
千葉テレビ「ナイツのHIT!商品会議室」とのコラボアイテム。小豆アイス、わらび餅、求肥・きなこ・黒蜜を使った和テイストに仕上げています。
『フレンチバウム プレーン』
フレンチバウムの真ん中の穴にバニラアイス、その上の山盛りの生クリームにメープルシロップをかけた一品。シンプルが一番という方にはこれ。

迫力の12cmバウムクーヘン。シェアするもよし、ひとりで食べるもよし。
ちなみに筆者はペロッといけました。
祇園店は君津店同様、かき氷や名物のバウムケーキも食べられます。
店内には芸能人のサインがいっぱい。大人気店です。
試走、木更津近辺を走られる方はぜひお立ち寄りください。

フレンチバウム チョコバナナ 1,123円
せんねんの木 祇園店
https://www.sennennoki.com/
千葉県木更津市永井作1-11-11 TEL:0438-38-6030

ナポリタン

君津市中島地区 コイトコーヒー

ツールドちばステージ1のコースそばにあり、古民家を改築したとは思えないモダンなたたずまいの外観。まだ創業1年目の新しい喫茶店コイトコーヒー。

喫茶店って昔はこんなメニューだったよなぁという喫茶メニューが並び、これ昭和の値段でしょ?という価格設定。
カウンターの中に立ち、静かにコーヒーをドリップしているのは地元古寺の現役の住職。なんと44代目。
設定が何やらかみ砕けない感じですが、ひとりでも数人で来てもゆっくり休憩できます。

最近、おしゃれなカフェは増えてきているものの、喫茶店を名乗る店はほぼ壊滅状態の君津。貴重な存在です。
そんな喫茶店の昔ながらのナポリタン。
もうひと走りしたい時の炭水化物補給には最高の一品です。
コイトコーヒーの食事メニューはすべてワンコイン。500円です。高校生以下はなんと半額の250円で提供されています。

手作り料理は美味しく、清潔な室内、ソファーでくつろげ、それでもって財布にやさしい。
鹿野山でのトレーニングやステージ1の試走時におすすめです。

そうそう、ここの日替わりケーキもオーナー兼住職の手作りです。
住職手作りとなるとご利益を感じます。

ナポリタン 500円
コイトコーヒー(日・祝日定休)
https://www.hotpepper.jp/strJ001210616/
千葉県君津市中島264-1(鈴木病院前) TEL:050-5356-0562

まぐろ丼定食

君津市清和地区 そば割烹せいわ

君津鴨川線沿いの小高い場所に建つ、創業から5年半となる大人気のそば屋。
とくに週末は県外からの観光客で賑わうそば屋で、早朝から20kgものそば粉を仕込むものの、午後にはなくなってしまうほど。

そば粉は北海道産。手打ち、打ち立て、茹でたてが食べられます。
そばつゆはバランスがよく、そばとの相性は◎。

ここで人気なのが三崎漁港から届く、生まぐろがのった丼ぶりとミニそばがセットになったまぐろ丼定食。
人気なのはうなずけます。単純に美味しい。
マグロの赤身って美味しいんだなぁと感じさせてくれます。
お腹だまりもよく、腹ごしらえには最高です。

天ぷらも人気で富津産を中心に地の魚を使い、カリっと揚がったところ、熱々を召し上がれます。

ツールドちばが終わり、涼しく走りやすくなった頃、鹿野山や君津地区を走る機会があればぜひお試しいただきたいメニューが登場します。
君津市清和地区特産の自然薯を使ったそばメニューです。
清和の自然薯は、すりたてはまるで餅のよう。強く粘り、真っ白なのが特徴で、食べたことのない人はぜひ昼食休憩にお試しください。

まぐろ丼定食 1,600円
そば割烹せいわ(水曜定休)
千葉県君津市日渡根23-1 TEL:0439-37-2115

餃子(5個入り)

君津市中島地区 ともちゃんらーめん

ツールドちばステージ1のコース沿い、大きな赤い看板に「ともちゃんらーめん」。
鹿野山あたりを走ったことのある人は目にしたことがあるかもしれません。
創業から35年目、地元に愛されるラーメン店です。

もちろんここはラーメンがメインなのですが、常連は餃子も頼みます。
ここの餃子は皮も具もすべて手作り。
もっちもちの皮に野菜がたっぷり。普通の餃子の1.5~2倍くらい、ちょっと大きめ。ラーメンと一緒に頼めばお腹いっぱいになります。

ラーメンで人気なのは「チャーシュー麺」。
しょうゆ味。出汁は中華系の秘伝。
麺は手づくり。多過水を使い、うどんのように足踏みをし、コシを出しているので、麺そのものだけでも美味しい。
チャーシューは厚め、とろっとろ。
メンマは板メンマから手作り。歯ごたえが違います。
トッピングにザクザクしたこだわりの玉ねぎ。佐賀産をメインに季節により淡路島を使っています。
さらに刻み海苔をたっぷり。

何風のラーメンなんだろう。
味に深みがありつつ懐かしさもあり、癖はないが個性もありこだわっている。
また食べに行きたくなるラーメンといったところだろうか。

トレーニング中の塩分、栄養補給には最適です。
ただ餃子とラーメンを完食してしまうとお腹はかなり膨れてしまいます。

餃子 420円
ともちゃんらーめん(木・金定休)
千葉県君津市中島181-2 TEL:0439-32-3760

ケーキドリンクセット

君津市中島地区 デリ・カフェ キートス

看板のない店。
自転車に乗っている限り見過ごしてしまう店です。

ツールドちばステージ1のコース沿いにあるものの、大きな駐車場奥に君津っぽくないしゃれた外観の建物がぽつんと。
店に向かうと愛想の良い看板犬が出迎えてくれます。
店内は北欧風。
テーブル席とカウンターがあり、ひとりでも気兼ねなく休憩ができます。

写真は本日のケーキ「ブルーベリーチーズケーキ」とアイスコーヒーをセットにしたもの。
ケーキは日替わりです。
店内では、好きな総菜を3種選べるランチセット、軽食にぴったりのスープセット、ケーキ、焼き菓子、ドリンク等がオーダーでき、「なるべく身体に良い食事」をコンセプトに、提供されるものすべて手作りになっています。

がやがやしていない静かなお店です。クールダウンにはちょうどいいかも。
ともちゃんらーめんの看板を目印に。ともちゃんらーめんの横にあります。

ケーキドリンクセット 600円
デリ・カフェ キートス(金・土・日定休)
https://www.instagram.com/deli_cafe_kiitos/?hl=ja
千葉県君津市中島181-4 TEL:0439-32-3326

マクロビ風ランチ

君津市中島地区 農家レストラン かふぇやさまる

無農薬無施肥の自然栽培米と季節の無農薬野菜を使った「マクロビ風ランチ」。
これ、ただの野菜たっぷりのランチかと思いきや、実は東京・横浜のビーガン、菜食主義者が食べに来るほどのこだわりの内容なんです。
米は整腸効果が期待できる酵素玄米ご飯。
惣菜は季節の地野菜を使い、毎日違う組み合わせで種類も豊富。
必ず出てくるのは地元名産の小糸在来(大豆)で毎朝つくる濃厚寄せ豆腐。これは岩塩と特製ラー油で。
味噌汁は生きた味噌糀菌を食べてもらうために、食べる直前に味噌を自分でとくというこだわり。
野菜中心なのにおなかがかなり膨れる。酵素のおかげか・・・

このほか男性に人気のメニューがカレー。
20種以上の季節野菜と果物のでつくるベジブロス(野菜出汁)をベースにした特製カレーは、ベジブロスの組み合わせで毎日味が微妙に変化。肉が入っていなくても野菜の力でコクがあり、酵素玄米ご飯と組み合わせることでさらに味に深みが増します。常連は途中で特製ラー油を数滴。風味がかなり変わります。

おすすめのデザートはお店一押しというデザート「アフォガード」。
注文すると自家焙煎した浅煎り豆をイタリア製エスプレッソマシーン「la Pavoni」で抽出した出来立てのエスプレッソとバニラアイスが別に運ばれてきます。
自身で好みの量のエスプレッソをアイスにかけ、溶けかけたところを食べます。
口にアイスを運んだとたんに想像を超える香りが口から鼻に抜け、口には甘さと苦さが残る。
エスプレッソ香とバニラ香の相性というのか、なんとも香り高く、これだけでも食べにくる価値ありという一品。まさに大人のデザートです。

やさまるは鹿野山の福岡口から3km。
近くを走ったらぜひ立ち寄ってみてください。

マクロビ風ランチ 1,400円
農家レストラン かふぇやさまる(日・月・祝日定休、GW田植え・年末年始休)
http://yasamaru.com/
千葉県君津市中島521 TEL:0439-27-1895

小金目煮付けチョイ刺し定食

君津市清和地区 田舎レストラン じんべえ

美味しい魚が食べたい。それも腹いっぱい食べたい。
という人には、君津の「じんべえ」がおすすめ。
どれを選んでも満腹、大満足間違いなしの人気定食があります。

不動の人気No,1、小金目煮付けチョイ刺し定食。
毎朝煮付ける金目鯛をメインに、まぐろ、鯛、しまあじの刺身。人気の一品を食べたい人はこれ。

人気No,2は、ミックスフライ定食。
まぐろフライ、アジフライ、イカフライ、エビフライがドーンと。すべてビッグサイズ。今日は食べるぞ!という人にはこれ。

人気No,3は、極み丼。
脂がのった中とろ、鯛、しまあじ、平貝、北寄貝、サーモンと地魚。刺身好きにはこれがおすすめ。

そんなにお腹は空いてないけど魚系がちょっと食べたいなという人、大丈夫です。
一品料理、刺身、煮魚、焼き魚、フライ、天ぷら単品のほか、定食や丼も豊富に揃っています。

ここは魚仲卸の直営店。いわゆる間違いないという店です。
まわりは田んぼばかりなのですが、魚料理は豊富に揃っています。

3km先には鹿野山の秋元口。
食べ終わった後はこのあたり一番の激坂で腹ごなし。なんていうのもいいかもしれません。

小金目煮付けチョイ刺し定食 1,580円

田舎レストラン じんべえ(毎週火曜日・第3水曜日・第3木曜日定休)
https://www.jinbe-bosyunochikara.com/
千葉県君津市中島521 TEL:0439-27-1895

サイクリスト専用休憩スペース

富津市上総湊地区 アイビーホーム

飲食店以外のサイクリストにやさしい店の誕生です。
富津市上総湊地区にある不動産のアイビーホーム。
営業時間であれば、サイクリストをあたたかく向かい入れてくれ、休憩スペースの利用、お茶や水の提供(2019年10月1日に給茶機が新規に導入。自由にお茶、水がお飲みいただけるようになります。それまでは遠慮なくスタッフにお声がけください。)、トイレも利用できます。
空気入れ(フレンチバルブ対応)も常備。タイヤの空気圧が気になっている方はここを目指してください。
これすべて無料。ありがたいことです。
東京湾を望む国道127号沿い、道路沿いにたなびいているアイビーホームののぼり旗を目印に。

さらに天気のいい、空気が澄んだ日にはアイビーホームの敷地から東京湾を挟んで富士山がきれい見えます。
紅葉ロード、上総湊付近を走る方はぜひ積極的にお立ち寄りください。
定休の火曜日・水曜日以外はオープンしています。週末はオープンしています。いつでも気兼ねにご利用くださいとのことです。

とうとう千葉にもこのような形態のありがたい協力店ができました。
うれしいですね。
このようなサイクリストにやさしい店が増えてくることを望みます。
ちなみにアイビーホームはリゾート不動産を中心に手掛ける不動産事業者です。

休憩・茶・水・トイレ・空気入れ 無料

株式会社アイビーホーム(火・水定休)
http://aibyhome.com/
千葉県富津市湊1101-6 TEL:0439-80-7555

林SPF豚 ステーキセット

木更津市富士見地区 すき焼き 田園

昭和26年創業のすき焼き・じゃぶしゃぶ・ステーキ店。駅前通り沿いにある昭和感漂う地元大人気の老舗店です。

サイクリストにおすすめなのが、餌や飼育環境に厳しい基準があるSPF豚を使ったステーキセット。
この豚肉は地元養豚場で育成されていて、地元ではちょっと有名なブランド豚です。
火を通しすぎたかなと思って食べてみると不思議と固くなっていない。とても柔らかい肉です。
肉を焼いているとジュワっと脂が溶け出します。この肉の美味しさはたぶん溶けた脂もかなり貢献してるだろうなと。
さらにつけだれが絶品。ごはんにかけても3杯はいけるって感じのにんにく醤油風味とポン酢系のたれに付けていただきます。
ごはん、味噌汁、デザートが付いたセットメニューとなります。
豚肉を薄切りにしたすき焼きセットもあります。こちらも濃厚甘辛い割り下に負けない豚肉の旨味が楽しめます。
この豚肉はおすすめです。

そのほか牛肉のすき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキのメニューは豊富にそろっています。
ふらっと立ち寄ると満員の可能性が高く、予約は必須です。

林SPF豚 ステーキセット 1,580円

すき焼き しゃぶしゃぶ 旬菜 田園(基本的には月曜休み・月曜祝日の場合は翌日休み)
http://denen-kisarazu.sakura.ne.jp/
千葉県木更津市富士見 2-3-31 TEL:0438-22-5252

かのう山ぷりぷりプリン

君津市鹿野山地区 鹿野山ビューホテル

鹿野山ビューホテルは、今大会のツール・ド・ちばSTAGE-2の昼食エイド。
2017年大会で大好評だったあのカレーがまた食べられる!あたたかい昼食はうれしいですよね。

ここ鹿野山ビューホテルは、知る人ぞ知るヒルクライマー向けの通年型サイクルイベント、南房の山々を駆け巡る「房総グランフォンド」を主催しています。
実は南房には珍しいサイクリスト大歓迎のサイクリストフレンドリーなホテルなのです。
この房総グランフォンド完走者へのご褒美のひとつが「かのう山ぷりぷりプリン」。多くのヒルクライマーたちが達成感とともに味わったプリンなのです。

あの有名なご近所の濃厚牛乳と若鳥たまご「プリンセスエッグ」を使った濃厚系。ホテルオリジナルの手づくりなので完売御免となる商品です。
疲れた体にぴったりの補給食です。

ホテル内には、空気入れ(フレンチバルブ)、簡単な工具類も用意されています。もちろん無料でご利用いただけます。
日帰り大浴場も日中からご利用いただけます。

かのう山ぷりぷりプリン 400円

鹿野山ビューホテル
https://www.kresortkanozan.jp/
千葉県君津市鹿野山319 TEL:0439-37-3411

穴子天重

木更津市富士見地区 海鮮茶屋 活き活き亭

木更津に来たらぜひ食べてほしい江戸前の穴子。
穴子の食べ方はいろいろありますがここの穴子は天ぷらで。
お重からはみ出る大きさの穴子が2匹。ボリュームたっぷり大人気のメニューです。

その他、地魚を使ったお手軽ランチ(1,000円)や丼ものも多数用意されています。

お店では活きた海産物を目の前で焼いて食べることもできます。
名物は登録商標「活き車海老」。ピチピチ新鮮な車海老を塩焼きで。
手のひらサイズの大きいホタテは焼いた後、醤油をたらりと。旨味たっぷりの貝柱は絶品です。
その他、入り口にある水槽から季節の貝を選ぶこともできます。

木更津サーモンってご存知ですか?
陸(おか)サーモンと呼ばれる、工場で管理育成された鮭のことなのですが、木更津の山の中で育てられた超新鮮な鮭がここ活き活き亭で食べられるのです。
サーモン好きの方、ぜひ激レアの陸サーモンをご賞味ください。
陸サーモン丼、陸サーモンいくら丼として召し上がれます。土日限定です。

穴子天重 1,500円

海鮮茶屋 活き活き亭(定休日12月31日・1月1日)
http://www.kouseisuisan.co.jp/office/ikiikitei/
千葉県木更津市富士見3-4-43 TEL:0438-22-5666

なのはっちソフトクリーム

木更津市清見台地区 菓匠 梅月庭

木更津の和菓子の名店「梅月庭」本店だけが提供しているカジュアルなソフトクリーム。
ソフトクリームは地元君津牛乳を使った濃厚仕上げ。その上にはちみつがたっぷりとかけられ、地元菜の花エッグの新鮮卵で作ったクッキーが添えられています。
濃厚仕上げのソフトクリームに濃厚なはちみつ、ひと走りした後の補給にはぴったりです。

実はこのソフトクリーム、サイクリスト限定でなんと200円で食べルートラボことができます。
お近くを走る方、ツール・ド・ちばのコース試走をされる方、木更津付近でトレーニングしている方、近在サイクリストも対象です。
お店にサイクルジャージで行けば和菓子屋クオリティーのソフトクリームが食べられます。見逃せません。
大会までの毎週末、9月7日(土)8日(日)14日(土)15日(日) 21日(土)22日(日)28日(土)29日(日)、10月5日(土)6日(日)にぜひお立ち寄りください。

もうひとつのおすすめが、ぽんぽこどら焼き。
「その日に食べてもらいたい」がコンセプトで毎朝本店限定で作っています。完売御免の一品。めぐり合えればラッキーです。
生地はふわっふわ。粒あんはあえて瑞々しく仕上げ、餅入りになっているので腹持ちもいい。
これも補給にぴったり。

店内の憩いスペース、店外の和風ベンチででゆっくり食べられ、店内にある給茶機からお茶や水が無料で提供されています。
ちなみにここのご主人もロード乗り。サイクリストの気持ちをわかってくれるお店です。

なのはっちソフトクリーム 上記指定日200円(サイクリスト限定) 通常価格280円

菓匠 梅月庭
http://www.baigetsutei.com/
千葉県木更津市清見台東2-5-28 TEL:0438-98-7447

自家製手作り餃子

君津市駅周辺地区 望陀餃子楼

望陀とは何か。気になる店名。なんとなくアジアンチック。アジアのどこかの都市なのか、スタッフは海外の人なのか・・・
と、思いきや、ここ君津あたりが明治のころ望陀という郡名だったらしく、そこから命名されたとのこと。

ここは店名に餃子と入っているだけあって餃子がメイン。自家製手作り。
写真は水餃子、焼餃子、スープ餃子。にんにくニラ入り、にんにくニラ無しが選べます。

  もちろん餃子以外にもメニューは豊富。
おすすめのひとつ、鶏肉に真っ赤な油の辛みを抑えたピリ辛ダレがかかった四川料理風の「よだれ鶏」。
辛みは日本人に合わせられていて、お好みで別パクチー、追いパクチーと香草の香りも一緒に楽しめる一品。

  「海南鶏飯」はまさに本格派。茹で鶏と鶏の茹で汁で調理したタイ米の組み合わせ。ソースは3種。
ソースの組み合わせで風味も変わり、楽しめます。

アジアンテイストのカジュアルな店、気取らず気楽に入れます。
君津駅近くにあるので君津駅まで輪行のタイミングがあればぜひお立ち寄りください。走った後の回復食にはぴったりです。

自家製手作り餃子 360円

望陀餃子楼
http://www.baigetsutei.com/
千葉県君津市中野4-7-14 TEL:0439-29-6226